カードローンの申し込みから契約・借り入れまでの流れ

MENU

カードローンの申し込みから契約・借り入れまでの流れについて

プロミスを始めとするカードローンの強みは、来店不要で即日融資が可能なことです。
また、一度契約すれば限度額の範囲内で何度でも借りれるというサービスも、カードローンが人気がある大きな要因になっています。気軽に借りれるカードローンなのでこれから利用したいという方も多いと思います。ここでは、初めてカードローンに申し込み方のためにカードローンの申し込みから契約・借り入れまでの流れをご説明したいと思います。

 

まず、申し込み方法ですが、パソコンやケータイ、スマホ、自動契約機、店舗窓口、フリーダイヤル、郵送などの方法があります。ネットでの申し込みは24時間いつでもできます。また、自動審査が可能な時間帯(9時~21時など)に申し込みをすれば借り意審査の結果連絡がすぐにメールか電話であります。申し込み内容の確認ということで電話がある場合もありますが、その時には勤務状況とかその他のことをいろいろ聞かれます。でも、申し込み書にうそを書いていなければ慌てる必要はありません。また、聞かれたことには正直に答えるようにしてください。審査の途中でウソがばれると契約ができません。

 

仮審査に通ったら本人確認書類を送ります。
送付方法はファックスやメール、アップロードなどです。本人確認書類として提出できるのは運転免許証ですが、そのほかに健康保険証やパスポートでも大丈夫です。ただ、自動契約機で手続きをする場合は、運転免許証でないとダメな金融機関もあるのであらかじめ確認してくださいね。

 

カードローンの中には専業主婦でも借りれるものがありますが、消費者金融のカードローンに専業主婦が申し込む場合は、送付する書類が多くなります。本人確認書類のほかに配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の送付が必要になります。専業主婦でも借りれる銀行のカードローンの場合は、本人確認書類だけで契約ができます。ですから、銀行カードローンならご主人に内緒で借りることができます。消費者金融のカードローンは配偶者の同意書が必要なので専業主婦がご主人に内緒で借り入れることはできません。

 

必要書類を送ると在籍確認が行われます。
在籍確認は、職場に電話をかけることによって行われます。非通知で個人名でかけてくるので、自分以外の人が電話に出たとしてもカードローンの在籍確認とは分からないので会社の人にも内緒で借り入れができます。ただ、会社が非通知の電話は受け付けないようになっているなら前もってカードローンを申し込んだ金融機関に連絡しておいてください。また、専業主婦がカードローンに申し込んだ場合は、在籍確認はありませんが、本人確認として電話がかかってくることがあります。自宅を連絡先にしていると自宅に電話がかかってきますが、自宅に電話をする場合でも会社名を出しません。それで、家族に内緒でカードローンの申し込みをした専業主婦の方もでも家族には借り入れのことはわかりません。

 

在籍確認が無事に終わったら本審査の結果がメールか電話であります。契約内容を確認して間違いがなければ会員専用ページで契約手続きをしてください。契約手続きをすれば振込みでの借り入れができ、指定の口座にお金を振り込んでもらえます。ローンカードや契約書類は後日郵送されてきます。もし、自動契約機で手続きをすればその場でローンカードが発行されてすぐにATMで借り入れができます。

お金を借りるなら消費者金融のプロミスがおすすめですね。多くの方が最初に借りるのがプロミスである場合が多いみたいです。そんなプロミスの審査についてまとめていますのでプロミスの審査申込前必見です!

プロミスの審査